築10年で外壁塗装のリフォームをした

外壁に汚れが付着しにくく耐久性も高い塗料

外壁に汚れが付着しにくく耐久性も高い塗料今後はフッ素がスタンダードな塗料になる?グレーの外壁は自然に溶け込みモダンな家になった

家を建ててから10年が経過したので、外壁塗装リフォームを行いました。
耐久年数としてはまたまだ必要ありませんでしたが、外壁にコケが生えるなど見た目があまり良くなかったので決断しました。
塗料には様々な種類があり、業者と話しをする前に色々と調べました。
コストパフォーマンスが良かったのはシリコン塗料です。
シリコン塗料は耐久年数が7年?10年で汚れも付着しにくいという特徴があります。
多くの家庭で選ばれているので、生産するメーカーも多く価格の安さにも惹かれます。
しかし場合によっては再び塗り替えたいと感じる前に、耐久面で不満が出てくる可能性があると知りました。
築年数を重ねるうちにリフォームしたい箇所は増えるので、頻繁に外壁塗装するお金はありません。
そのため耐久面でマイナスとなりシリコン塗料を勧められても断ろうと考えていました。
私が良いなと思ったのはフッ素塗料で、東京スカイツリーにも施されています。
住宅に使うようになってからまだ歴史が浅いので実績が少ないのがネックでしたが、その特徴を調べていくうちに性能の高さにメリットを感じました。
フッ素はフライパンのテフロン加工のように私たちの生活に身近な存在です。
テフロン加工を施したフライパンに油を敷くと、丸くなって弾かれるのを見たことがある人は多いです。
外壁塗装でもこの汚れを弾くというフッ素の特徴が存分に生かされています。
汚れが付着しにくいだけでなく、紫外線や酸性雨に強いところも耐久性を高めます。